FC2ブログ





ねんねんころりよ? 

今でこそ、寝かしつけなくても寝てくれる三人息子たち。

でも、その昔?は 子守唄 を歌っては寝かしつけたものでした。

その子守唄というのも、私が大昔に母に歌ってもらった歌ばかり。

なので、歌詞も曖昧だし、同じフレーズを延々と歌ったり、かなり適当でした・汗


そんなことも忘れていたおととしの年末、長男が手術をすることになりました。

はじめての全身麻酔。

はじめての手術。


無事手術が済み、麻酔から目が覚めた長男は、思うように体が動かない憤りと空腹とで、暴れ始めました。

「もうやだ!なんでオレばっかり!」

ベッドを揺らし、泣いていました。

手術の前にさんざん点滴や注射をされ、腕は針の跡だらけでした。

私も夫と二人で、安心させようと必死になりました。

「だいじょぶだからね・・・」

なんとかなだめて、落ち着いた長男・・・でも、なかなか眠れない様子。


ふと思いつき、だめでもともとと、こう話しかけました。


「子守唄、歌ってあげようか?」


たぶん、断るだろうなあ・・・。

10歳にもなって、子守唄なんていやがるだろうなあ・・・。

そう思っていました。



でも長男は、頷いて答えました。

「うん・・・」

疲れたのか、目は閉じたまま。


そうして、私が歌詞もあやふやな子守唄を歌いだすと、すーっと不思議なくらいすぐに眠ったのでした。

ね?んねん ころりよ? おこ?ろ?りよ?
坊やはよいこだ ねんね?し?な


こんな昔からの子守唄だけど、赤ちゃんの頃から聴いていた子守唄。

少し調子がはずれていて、歌詞もそのときどきで変わってしまう私の歌声なのに。
長男にとっては、とても心地いいものだったんだね。



髪の毛を撫でながら、夫と二人しみじみ思った夜でした。



皆さんの応援で更新する元気が出ます!
お手数ですが、ポチポチッとお願いいたします♪

↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 家族ブログへ

スポンサーサイト



[ 2008/05/28 21:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(27)

ジ~ンときました。
そっかぁ、辛い時にママの歌声を聞くと、安心するんだね。
それも赤ちゃんの頃から聞いていた子守唄だから余計に。
長男くんも、術後で苦しかったから素直に「歌が聞きたい」ってうなずけたんだろうなァ。。
[ 2008/05/28 22:03 ] [ 編集 ]

この子守唄!私もよく歌うよ!これってピーナッツ県の子守唄?私も実際の歌詞ってあんまりよく分からなくて、昔ばーちゃんが歌ってくれたのを歌うくらいなの。調子がはずれても、子供は歌ってもらうのが良いのか静かに聞くんだよねぇ。


手術で疲れ果てちゃって、甘えたくなっちゃったんだよね、長男君。大人でも癒やして欲しい時あるもんね。
[ 2008/05/28 22:13 ] [ 編集 ]

私もこれ知ってる~!でも、家は眠い時に歌を歌うと、うるさい、とばかりに怒り出すの。とほほ。

やっぱり、心細い時は親のぬくもりや優しい声なんだよね。子供はみんな、一生、親のそういうところを時々思い出しながらすごすんだろうなあ。
[ 2008/05/28 23:37 ] [ 編集 ]

なんだかホロッとしちゃいました。

いくつになっても母子のつながりって
根本は変わらないんだろうなぁe-446
甘えられてばかりは困るけれども、
時々は甘えて欲しい。。。と母は思っちゃうんだろうなe-454
素敵な親子関係ですねe-419
[ 2008/05/29 00:12 ] [ 編集 ]

ぐすん(涙)私も思い出しました。
うちの息子も二回手術経験ありなんです。
手術用の麻酔からは醒めても、痛み止めのモルヒネを背中に何日か・・・って状態で、常にもうろうと・・・「痛い痛い」と言う息子の頭なでながら、私も「ねんねんころりよおころりよぉぉぉ~~」と歌ったものでした。
・・・「おころりよ~」・・・ここまでしか歌詞がわからない私でした。短かっ!!(笑)
[ 2008/05/29 00:22 ] [ 編集 ]

じーんとくるエピソードだね。。。
アタシ、こういう思い出話が全然浮かばないの。
大丈夫かな、育児疲れか!?少し落ち着くと思い出すかな。

息子のときは、アタシもおなかにいるときに自作の
子守歌を歌って、生まれてから歌ってたんだ。

でも、私が母から聞かされて育ったのは、ちかたちゃんの歌だったな。
随分大きくなっても夜目が覚めて泣いてるような子供だったから
子守唄の歌声はよく覚えてる。

うちの子は、覚えてるんんだろうか。最近は自分達で寝るから。
[ 2008/05/29 02:58 ] [ 編集 ]

なんかちょっと泣けてきた。(ったくよ~、記事あげなきゃなんないのに、ちょっと覗いたらこれだよ。泣かす記事書くなよな~)うちの長男も赤ちゃんの時手術したからその時のことも思い出した。きっと不安だったんだね。子供ってさ、ほんとはいくつになってもこどもなんだよな、がたいは大きくなっても。あんたんちって、なんかほんと内面あったかいよな。うん。しみじみ。
[ 2008/05/29 03:42 ] [ 編集 ]

長男君はなんだか大変だったんですね~頑張ったんですね~(ノ_-。)

やっぱり昔から聞いていた、ママの優しい歌声が
一番安心するんだね。。。

なんだか最近疲れてしまった私にも歌ってください~ヽ(T-T )ノ
[ 2008/05/29 04:58 ] [ 編集 ]

胸がいっぱいになったよ。。。ご主人とちかたちゃん。。。長男君の手術の時、親としてどんなに心配して、どんなに手術の成功を祈った事か。。。そして、子守唄を聞きたかった長男君。。。両親が側にいてくれたことでとっても安心出来たと思うよ!!

子守唄。。。懐かしいね。。。私も母や祖母の背中で聞いたなあ。。。(そんな小さい頃の記憶があるのか!笑)
[ 2008/05/29 07:14 ] [ 編集 ]

ちかちゃんの子守唄

なんだか聞こえてくるような気がしたわ。
長男君が生まれる前から聞いて安らいでいた
声の子守唄。
とっても安心したのね。
わかるの・・・背中をなでながら子守唄
子供はいないのに何度もそういう場面に
いる私。
ちかちゃん・・すごく感動しました。
[ 2008/05/29 08:29 ] [ 編集 ]

ちかたちゃんっていいお母さんだね。ジーンとくるな。
子供は大きくなっても子供なのね。
そういえば私は子守唄、歌ってあげたことないなあ。
とにかく「早く寝ろ早く寝ろ」という念力を送ってたのみ・・・。

こんないい話読んでたのに、今アワ風呂入っているうちの子供たちがフロで大喧嘩、
またガミガミ言ってきたところ。
もうーーー!!気分だいなしっ!

[ 2008/05/29 08:52 ] [ 編集 ]

この子守歌、私はおばあちゃんからよく歌ってもらったよ。
ときどき替え歌になったりしてね。
なつかしいなぁ。
長男くん、とても怖くて、不安だったんだね。
そんなとき、ちかたちゃんの子守歌で、
心がすーっと落ち着いて、安心したんだろうね。
すてきなお話だね~
v-22
[ 2008/05/29 09:49 ] [ 編集 ]

じぃぃ~ん

なんだか、とってもじぃぃ~んってきましたo(TヘTo)

私、この子守唄は、何故か涙があふれちゃって、歌えません(ノωヾ*)
歌詞読んでるだけで、もうウルウルしてます(T-T )( T-T)

いくつになっても、母の元での安心感に、勝るものは無い!!って感じでしょうか?
[ 2008/05/29 10:01 ] [ 編集 ]

おかあさんの声とぬくもりが一番安心なのでしょうね~
とってもいい話です。
どんなに下手な?歌でも子供にとっては一番の
ご褒美なんでしょうね~
応援ポチ☆
[ 2008/05/29 10:40 ] [ 編集 ]

安心したんですね~。
いいなあ♪
私は、三奈が入院した時、そんな優しいことをした覚えがない。(^^;)
頭よしよし&「大丈夫よ」だけで、寝てる間は漫画読んでました~。(><)
ちかたさんを見習わねば!
[ 2008/05/29 12:21 ] [ 編集 ]

そうなんですよね
歌詞をしっかり覚えてないんですが
子供等のために唄ってました

うちは、トントンしてって言います
もう、言ってくれないけど。。。
[ 2008/05/29 13:11 ] [ 編集 ]

涙が出そうになるくらいジーンとしました。
そうだ、今は次男に子守唄を歌うばかりで、
長男にはたまにしか歌ってない・・・、
私はちょっと音痴だけど、
母ちゃんの子守唄をいっぱい聴かせてあげよう!!

ちかたさんのブログを読むと
子育てに向かう気持ちがとても洗われます・・・(^^)
今日も素敵なお話、ありがとうございました。
[ 2008/05/29 14:30 ] [ 編集 ]

ちかたさんみたいなママって本当模範的。
こうして出会えたこと、こういう記事を書いてくださることに感謝です。
私は寝るときに 体をトントンってリズムでたたきながら唄ってくれたあの振動?がすきでした。  
 息子さんの髪の毛をなでながら・・・ そこも実は心地よかったのではないかと思ってます。 
[ 2008/05/29 15:15 ] [ 編集 ]

いつまでたっても

お母さんに甘えたいんですよね。
大きくなったのにって思ったって、子供は子ども!
やっぱり手術の辛さから、逃げたかったのだろうし、それを癒してくれるお母さんの歌声!いいお話ですね。
[ 2008/05/29 15:33 ] [ 編集 ]

本当、良い家族だな~…私もジ~ンときましたi-241i-189
いくつになっても親の愛情って嬉しいですよね。
手術で心不安な時に聞いた母の子守歌…
前記事、園で不安定だった時にお休みして母と遊びに…
子供達の心の記憶にしっかり残ると思う。
ちかたさんの記事読ませてもらうと、私も頑張ろ~良い母になろ~って思います。
ありがと~…i-228
[ 2008/05/29 16:43 ] [ 編集 ]

またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
[ 2008/05/29 18:44 ] [ 編集 ]

思春期になって、親に反抗する頃になっても
子守唄とか童謡とか・・・小さい頃に歌っていた歌を
子供に歌って聞かせると(寝てる時でもいいみたい)
落ち着くって、TVで聞いたことがあります。

全身麻酔での手術・・・心配でしたね。
うちも、長男が2歳の時、全身麻酔で手術しました・・・。
帰ってくるまでが、ホントに心配で心配で。
いつも泣かないような泣き方(搾り出すように泣いてました)を
して病室へ帰ってきた時、すごく心が痛みました。

ちかたさんの歌の効果は、絶大でしたね*^^*
長男君にとって、なによりの事だったのだろうなあ・・・。
[ 2008/05/29 21:41 ] [ 編集 ]

すっかり忘れてしまいましたが、小さい頃は子守唄歌ってたんですよねぇ~。
昔からの子守唄から、♪眠れ~眠れ~、母の胸にとか、槇原敬之も歌ってました。

長男君、全身麻酔の手術だなんて、たいへんだったんですね。
しかも10歳だと、下の2人もいるし、手術も入院もたいへんだったろうと思います。

元気でいることって、幸せなんだなぁ~。
[ 2008/05/29 21:57 ] [ 編集 ]

心に沁みます・・・

読んでいて次男の事を思い出しました・・・
小学2年で発病してその後3回手術をし、なんとか再発しないで現在に至っています。(3度目は小5でした・・)

子どもが苦しがる姿は辛いですね・・・

あの子にかかりっきりになり食事の支度や妹達の面倒はこばやんがやってくれていて・・・

なにかと子供達には感謝で頭が下がります^^;

勉強なんてできなくてもいい!
健康であれば!


と言いつつも次男の成績に真っ青にもなりましたわ(笑)
[ 2008/05/31 05:52 ] [ 編集 ]

お返事です♪

天モーちゃん

不思議なんだけど、安心したみたいで、うそのように眠っちゃったの。
子守唄って魔法の歌なんだね・笑


ピグリーちゃん

ピーナッツ県あたりで歌われてるのかなあ?
歌詞はうろ覚えなんだけど、それでも子どもは癒されるんだろうね。

私も癒されたいときあるわ・笑


みっくちゃん

うん、歌じゃなくてもぬくもりだけで安心するかもしれない。
それが親子なんだろうね。
不思議だけど、親にとっては嬉しいことだよね。


くまくぅ ちゃん

いくつになっても、根本的にはかわんないのかもね。
私は、母が孫に歌う子守唄で、何度も寝かされてます・汗
この年でもそうなんだもん、不思議だわ。


モウボさん

モウボさんちも・・・子どものああいう姿は、本当につらいよね。
自分がかわりたいと思ったもの。
歌詞、私もうろおぼえ・・・でも、モウボさんの歌声は届いていたはずだよ!


オレンジちゃん

私もね、最近だよ。
というか書くようになって、思い出すことをしだしたかも。
それまでは育児漬け・・・時間ができたこともあるかもしんないね。

自作の歌、聴きたい♪
きっと覚えてるよ。


さりすけ ちゃん

長男君も・・・。
赤ちゃんだったら、なおつらかったでしょう?
痛いとか言えない時期は、本当にかわいそうだよね。

うちも大きくなってこうなるとは思わなかったから、きつい1ヶ月だったけど、長男が一番きつかったんだと思う。

親のできることって小さいけど、子供には伝わるんだと思うよ。


たくmamaちゃん

わりと健康なほうだったのに、その月に2回も手術したの。
大きくなっても過信しちゃだめだと実感した月だったわ。

たくmamaちゃんも疲れてるの?
大丈夫?
なかなかできないかもしれないけど、休憩してね!


まーすぃちゃん

今思い出してもつらい1ヶ月だったよ。
でも、長男が落ち着いてくれたとき、本当に安心した。

記憶は曖昧でも、耳が覚えていたりするのかな?
不思議だったわ。

[ 2008/05/31 12:19 ] [ 編集 ]

お返事です♪

annさん

annさんも甥っ子さんたちにたくさん歌声を聞かせてあげてたのでしょうね。
そういうことって、覚えてるものですよね。
不思議ですけど、長男のときに実感しました。


つなみちゃん

うちもガミガミ言うよ~!
それがあたりまえだったときに、この長男の手術だったから、この出来事は驚いたの・・・。
でも、やっぱりガミガミ言うけど・汗


ぎん ちゃん

うん、大きくなったと思っていても、こういうときにまだまだ小さいんだなあって実感したよ。

おばあちゃん同様、私も歌詞が変わるわ~・汗


リンキュちゃん

なにかリンちゃんの涙を誘う想い出が、無意識に泣かせるのかな?

ふだんはガミガミばばあなんだけど、そのときは本当にこちらも必死だったなあ。


Skyさん

麻酔から目が覚めて、不安が押し寄せていたんでしょうね。
そうです、どんな下手な歌でも、癒されたんだとおもいます・笑

[ 2008/05/31 12:59 ] [ 編集 ]

お返事です♪

みいちゃん

頭なでなでだけで、十分通じたんじゃないかな?

うちは大きいのに、しかも予想外の入院・手術でほんとに驚きました。
もちろん、寝てるときはメールや雑誌を読んでたよ・笑


げんえいさん

そうなんですよね、いまだに歌詞が曖昧です・笑
歌うことに意義がある・・・みたいな。

トントンかあ、かわいいですね。


CHILちゃん

後記事にも書いたけど、私は鬼母なんですよ~。
なので、たまにいいことに出会うと覚えてるのかも!?

お互いブログを通して、いろいろ助け合えたらいいね!!


研究員*ちゃん


こちらこそ、出会えたことに感謝です。
この年でいろいろなことを知ることはすごく嬉しいし、温かいコメントもほんとにありがたくて・・・。

トントンのリズム、安心するよね!


アッキー&ナッキーさん

学校で調子が悪くなり、そこから1ヶ月だったので、本当に本人もしんどかったはずです。
甘えたい気持ち、わかります。
まだまだそんな年頃なんですよね!


しんくんママちゃん

私は全然いい母親じゃないので、子どもにはっとさせられることがたくさんあるの。
いつもにこにこいたいけど、そうもいかないしね・汗

私も皆さんの記事で冷静になれたり、気がついたりしてます。


サトシさん

応援ありがとうございます!


もくれんさん

もくれんさんも辛い思いをされたんですね!
2才だと、泣くことしかできないし、身につまされますよね・・・。

私のあやふやな歌声でも、母親の歌声にいやされてくれたことが嬉しかったでう。


ぴーさんさん

そうなんです、最初に具合が悪くなったとき、夫は海外へ出張、下二人がいるので、すぐ入院できなくて・・・。
3度の入院、2回の手術が1ヶ月の間にあったので、私も布団に寝られたのが3回くらいでした・・・。

健康って大事ですね!!


BUN さん

BUN さんのコメントにじーんとしていました。
大変だったんですね!
家族の協力なしでは、乗り越えられないことありますよね。

最後のオチ?に、深く頷きました・笑
[ 2008/05/31 15:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikarin2.blog120.fc2.com/tb.php/79-8c602f02