FC2ブログ





家族の中で・・・咲けるかな? 

関西も今が桜の見頃だ。

薄桃色の春が訪れ、身も心も春に包まれる感じがする。

桜は大好きだけど、桜が散ったあとの花びらが汚れるさまが悲しい気がしてた。

人生も折り返し地点を過ぎ、大切な家族との別れを何度か経験した私・・・。

気弱なときは、桜が咲いて散りゆくさまと重ね合わせてしまいそうになる。

そんなとき、思い出すのは・・・次男のこの思い出だ。



ある日、次男が突然

「お母さんもいつかおばあちゃんになったら死んじゃうの?」

と聞いてきた。

何も考えず、

「そうだね」

と答えたら、 次男の目にはみるみる涙が・・・。

「いやだあ!ママと離れたくない!家族みんなで一緒にいたい!」

そう言うと泣きじゃくった。

私は驚いたと同時に、胸が苦しくなって、思わず次男をぎゅっと抱き締めた。

「まだまだずっと一緒だよ。大丈夫!!」

そう言うのが精一杯だった。

思えば私も小さい時に、父の手相の生命線が短いと知り、悲しいのと怖いのとでたまらず泣いたことがある。

そのときも

「大丈夫だよ」

って父は笑っていたっけ。

その頃、次男は学校で生命の話を勉強していた。

だから、いろいろ考えてしまったようだ。



こんなとき、親にできることはなんだろう・・・。

今はただ抱き締めて、「大丈夫」って、安心させてあげることだろうな・・・。

それは決して嘘をつくことではないものね。


うちの父はもうこの世にいないけれど、私に嘘をついたなんて思っていないし、やっぱりどこかで生きているような気もする。

どこに?

月並みだけど、家族一人一人の中に生きているのだと思う。

いい想い出も悪い思い出も、全てが父の思い出、全てが父なのだ。


普通に考えれば、私のほうが先に天国へ(天国に行けるよね?)いく事になる。

今から私がいなくなったときを想像して泣いてくれる次男に感謝したい。

こんな私にもそういう存在がいるだけで幸せだ。

いつか私の姿が見えなくなる日が来たときに、

(お母さんはああだったなあ?)

なんて思ってくれたら、それだけで幸せだと思う。

自分を花にたとえるのはおこがましいけれど、家族の心の中で1年に1度でも咲けるような存在になれたら・・・それだけでいいのだ。

桜 ブログ用


追伸・・・桜を眺めていたら、ふと感傷的な自分がいました・・・。
これも私なんだろうね。


桜2 ブログ用

はにかんで ほほえむように 桜咲く


ひとりしずか というブログを、お友達とやっています。

よろしければご覧くださいね。(ちかたではない私もいます・汗)



今週末はお花見に行こうと思います。
皆さんの応援で、更新する勇気?と元気が湧いてきます♪
ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです!
 ↓     ↓     ↓     
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ


スポンサーサイト



[ 2008/04/04 11:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(34)

じわ~~~っときました。

こういう話ができる親子さん素晴らしい

良い感性鋭い感性を感じました。

宣伝もありがとう
[ 2008/04/04 11:22 ] [ 編集 ]

ちょっと~~涙ウルウルで~~。

次男君が何歳のときの話だろう?実は、うちの次男もまったく同じ質問をして、心配して泣きそうになるの~~今5歳なんだけどね。

次男って、次男って。。。、特別な可愛さがあるね。


ところで、なめ猫、笑いすぎておなか痛かった。あの頃流行ったのが、私の好きだったあの時代ぴったりで(よっちゃんは私の中では流行らなかったけど)同世代すぎて大笑い!!笑
[ 2008/04/04 15:30 ] [ 編集 ]

涙出ちゃったよ~。
家族との別れは悲しいからなぁ・・・。
私もね、父は心の中で 生きているよ(*^_^*)
なんで 今いないんだろう・・って思うこともあるけれど・・
きっと見ていてくれるよね!

家族で一緒にいたいと言った次男くん、可愛いなぁ。
ちかたちゃんに、ギュッと抱きしめられるだけで、
落ち着いた気持ちになっただろうなぁ。
今日もいっぱい応援っe-68i-178
[ 2008/04/04 19:09 ] [ 編集 ]

ちかたさん…涙でましたi-241
そして次男君…家族思いの優しい子ですね…
お母さんにギュしてもらった事ずっと忘れないと思う。
うわ~また涙が…
家族っていいですねi-178
[ 2008/04/04 21:07 ] [ 編集 ]

心優しい子だね。
今日はしんみりモードです。
桜って昔の事を思い出させる力がある花だよね。
[ 2008/04/04 21:26 ] [ 編集 ]

こんにちは

遊びに来ましたよ。

優しいお話しにこっちも泣けてきました。いつの日か自分が先に逝ってしまうだろうけど、子供の顔を見ると「子供より長生きして見届けたい」って思ってしまいますね。

良いお話とお花のおすそ分けありがとう~
今日も一日がんばれそう!

また遊びに来ます。
[ 2008/04/04 22:06 ] [ 編集 ]

annさん

いつもannさんにはお世話になりっぱなしですみません!!
せめて宣伝だけでも・・・あっ、がんばって作りたいと思います。

子どもの言葉には、ときどき驚きます。
わかっていないようでわかっているんだなあと思うことも・・・。

[ 2008/04/04 23:11 ] [ 編集 ]

まーすぃちゃん

うんとね、7才かな?
一時すごく心配してて、なだめるのが大変だったんだ。

まーちゃんの次男くんも?
なんか繊細なんだよね・・・そこがいいところでもあるんだけどね。

ふふ、まーちゃんなら前回の記事、喜ぶんじゃないかと思ったよ。

よっちゃんだめ?
私もだめだったんだけど、一時の気の迷いか?好きなときがあったの・汗
「ザ・グッバイ」も覚えてる?
よっちゃんのバンドだよ♪(よっちゃんファンじゃないっけ)
[ 2008/04/04 23:17 ] [ 編集 ]

こりんごママちゃん

ブロ友になってくれてありがとうね!!
あらためてよろしくお願いします。

こりんごママちゃんもお父様のことを思い出したのね。
私も子供たちのことを、もう少し見ていてほしかったなあなんて思うこともあるけど、でも見てるでしょうね、きっと!

[ 2008/04/04 23:49 ] [ 編集 ]

しんくんママさん

次男はなんだか社交的なのに繊細なんです。
そこが長所であり、難しいところでもあるんですけど。

しんくんママさんももうすぐ新しい家族が増えますね!
楽しみ!!


[ 2008/04/05 00:05 ] [ 編集 ]

ミジさん

うん、桜って他の花よりもなにか響くものがあるかも。

散るのが少しこわいなあ・・・なんて思ってるけど、関東は花吹雪だったみたいね。
テレビで見てたらきれいでした。
[ 2008/04/05 00:10 ] [ 編集 ]

ピグリーさん

ご訪問ありがとうございます!!

昨日はとんでもない記事を書いてたんですが、今日はここ数日感じていたことを書いてしまいました。

いつまでも一緒にいたいのは、親も同じですよね・・・。
今いられるときを大事にしなきゃと思います。

ぜひまたいらしてくださいね!!
[ 2008/04/05 00:14 ] [ 編集 ]

涙ウルウルしたよ~(*/□\*)うわぁ~ん

いい話だ。そして、いい親子だよ。

明日はお花見だね。家族で楽しい時間が過ごせますように!!

応援も!
[ 2008/04/05 02:08 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/04/05 02:09 ] [ 編集 ]

こんにちは!
三才の年の差の三児という家族構成も、この記事出かかれている事も、
本当に我が家の様子と同じで、とても共感いたしました!
『大丈夫!』、子供達が風邪をひいたりけがをした時も、
何かが上手に出来ない時も、飛行機が揺れたり、大風が吹く時も、
そしてもちろん、大事な人が死んでしまったら、なんて深刻な話題の時も、
子供達に私が答える初めの言葉はこれです。そのうちにきっと、
『何が大丈夫やねん!』と突っ込みが入ると思いますが、
それでも子供らが不安な時はいつでも、言ってあげたい言葉ですよね。

先日は当方にコメントをいただいてありがとうございます。
早速ですがリンクをいただいてまいります。
今後とも、よろしくお願いいたします。

男の子三人!実は、私が切望した家族構成です!
[ 2008/04/05 02:34 ] [ 編集 ]

じーんとしてしまいました。

そしてちかたさんの温かさにふれました。

このブログのタイトルも、タイトル背景の青空も、
ちかたさんの心が表れているんだな・・・。

素敵な日記をありがとうございましたっ!ポチリ。
[ 2008/04/05 06:25 ] [ 編集 ]

うちも、次男クンと同じ問いに、
同じ言葉を受けたことがあります。

もし、いのちに終わりがないのなら
もし、願い叶うとするならば、
みんな一緒、家族一緒、
ずぅーっと一緒にいたいと心底想います。
毎日怒ってばかりのハハでも
そう想ってくれる存在がいることに感謝。
んがっ、
それは、それ。これは、これ。
勝手な解釈のもと、
今日も怒ってしまう鬼ばばなハハでございます。
・・・情けない^^;
でも、ホントしあわせなことですよねっ。

もうひとりのちかたサン。
覗かせて頂きますぅ~♪
もっと深い仲になりましょうゼッ、奥さん。うしっし
・・・って誰やねん(笑)
[ 2008/04/05 08:23 ] [ 編集 ]

あたたかい気持ちでいっぱいになりました。
次男くん、とても優しい子に育っていますね。
これを読んだ今、切ないけれど優しい気持ちです。

『はにかんで ほほえむように 桜咲く』

とてもいいですねe-446
[ 2008/04/05 08:26 ] [ 編集 ]

この話は、僕も子どもの頃、同じ思いを持っていたので印象深いです。
抱きしめることしかできないけど…。

http://ongakupv.com/sa/juleps/post-620.html

僕はこれ見て泣きました。
大切な家族との別れ・・・そんな辛いことはありませんもんね。

桜は散り際が見事だといいますね。
でも、散ることや死ぬことは、どこまでいっても綺麗であるはずがありません。
でも、桜は咲きます。生きるために。
人も同じですよね。

悲しさを知ることで優しさを持てるんだと思います。
[ 2008/04/05 11:40 ] [ 編集 ]

男の子って

男の子って感受性が豊かで素直だよね~
「ママ、死なないで!ずっと、ママでいてっ!」って言われたとき、じ~~んとなった!!
その点、女の子はクールでさっ
「早く、大人になって1人暮らししたい」とか小さい頃から
言い出すんだよ~★
ちかたさんは3人の王子に囲まれて幸せだね
男はみんなお母さん大好きだもん
[ 2008/04/05 13:36 ] [ 編集 ]

胸が苦しくなるように切なくて、ほこっと明るくなるような気もする話です。涙
初めて拝見した記事は、あのミッフィちゃんでしたが、その時に、「もしかしたら、ここに書かれているお父様はもう他界されているのかしら」、と思いましたが、そうだったのですね。
ちかたさんは、家族で紅一点。もうすでに華やかに咲かれているのではありませんか。
きっとそうにちがいないと思っております。

桜も、もうおわりなのでしょうね。写真とても懐かしく拝見しました。
私は、実際に桜を見てから15年ほどになりますが、最近は↓このように日本から直送の桜を身近に見られるようになりました。お暇なときにご笑覧ください。
http://ameblo.jp/southern-belle/entry-10082148198.html
[ 2008/04/05 15:19 ] [ 編集 ]

ロッキンちゃん

桜で感傷的になってしまい、ちょっと恥ずかしいよ~。

家族で過ごせる時間を大切に・・・ほんとそう思います。
とはいえ、普段は全然気がつかないような生活してるような?

応援ありがとう!!
[ 2008/04/05 15:55 ] [ 編集 ]

ありがとう♪

鍵メールありがとうございました。
[ 2008/04/05 15:56 ] [ 編集 ]

とくだいままさん

さっそくのリンク、ありがとうございます!
どうぞよろしくお願いいたします。

「大丈夫」という言葉は、魔法の言葉かもしれませんね。
つっこみ入れられるまで、子どものためにもいい続けたいですよね。

三人息子を切望されてたなんて!!
なんて嬉しいことでしょう!!(なかなかいないような)
ありがとうございます♪
[ 2008/04/05 16:08 ] [ 編集 ]

CHILさん

私こそ、CHILさんの温かい記事やイラストに癒されているんですよ。

普段はすごい鬼母なんですけど、桜を見ていたら優しい気持ちになれたみたいです。

応援ありがとうございます♪

[ 2008/04/05 16:12 ] [ 編集 ]

hana*さん

そうそう、私も普段は鬼母ですよ~!!
でないとやってけないことも多くて・汗

いざというときに安心させてあげればいいんだと思います♪

深い仲!!!
こんなおばちゃんでもいいの~?・笑
[ 2008/04/05 16:15 ] [ 編集 ]

くまくぅさん

褒めていただいて嬉しいな♪
俳句のようなもの、短歌のようなものをたま~に作っています。

次男のこういう気持ちは大事にしなきゃいけないですね・笑
[ 2008/04/05 16:19 ] [ 編集 ]

コニさん

コメ、ありがとうございます!
すごく嬉しいですよ~。

この曲、じーんときますね。
そうですね、ほんとにつらいですけど、だからこそ今を大切に生きれたらと思います。
[ 2008/04/05 16:30 ] [ 編集 ]

asukaさん

うちの母も、私や妹より弟が優しいって言ってた~・汗

「ママ、死なないで!ずっと、ママでいてっ!」>なんて言われたら、ほんと泣けてきちゃうね。

王子って顔じゃないけど・汗、男の子のかわいさは一人占めかも~♪
[ 2008/04/05 16:38 ] [ 編集 ]

わぁぁぁ。。。
自分を想って泣いてくれてる子供の姿を見たら、
「私も離れたくないーー!!」って
号泣もんですよね~ヽ( T-T)ノ

確かに、子供の心の中では、
母としていつまでも満開の花でいたいものですね♪
[ 2008/04/05 16:44 ] [ 編集 ]

オレンジさん

そうでした!!
私がわが家の紅一点なんですよね♪

ブログの記事、拝見しましたよ~!
もう懐かしすぎます!!
岡田有希子さんが亡くなったとき、フォーカスかフライデーでその様子が掲載されていて、衝撃を受けました。
純粋すぎたのかなあ・・・と悲しくなりました。

そして、斉藤由貴!!
今は昼ドラの肝っ玉母さん的な役が多いんですよ・汗
彼女も私の同期です♪(アイドルじゃないですけど)

[ 2008/04/05 16:55 ] [ 編集 ]

たくmamaさん

たくちゃんもまだ小さいけど、そう思っていると思いますよ。

ほんと、話せるようになると腹が立つことも多いけど、嬉しいこともたくさん増えます。

これから楽しみですね♪

お肌の曲がり角は曲がり曲がっちゃいましたが・汗、せめて子どもの中では満開でいたいもんです。
[ 2008/04/05 17:01 ] [ 編集 ]

しみじみしました

とっても優しい気持ちと感傷的な気持ちとでしみじみしました。
心ある息子さんとちかたさんのやり取り。
ちかたさんとお父様のやりとり。
桜って 1週間だからそのときの思いが鮮明に残るのですね。 ドキドキも 悲しいことも 切ない気持ちも。
さくらのお写真がとても綺麗です。
[ 2008/04/05 20:32 ] [ 編集 ]

研究員*さん

お花見は、にぎやかにするのも大好きなんですけど、なんだかしみじみしちゃうときもあるんですよね。

花も人も同じだなあって思うこと、最近あります。
年かなあ?・汗
[ 2008/04/05 22:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikarin2.blog120.fc2.com/tb.php/27-18792817