スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一日に二度ねんじを観た日 

今日は、一日に二度もねんじを見ちゃいましたよ。


ねんじって誰?ですと!?(誰も言ってないか・笑)


もちろん?小林捻侍のことだよ~。



1度目は、ズンバに行く用意をしながら観ていた「科捜研の女」(沢口靖子のね)でのねんじ。


2度目は、「京都南署鑑識ファイル 京グルメ殺人事件 最後の晩餐の謎!!」でのねんじ。


なんか同じカテゴリに入りそうなドラマだよね、どちらも(笑)


で、肝心の?ねんじの演技はというと・・・。



どちらも変わらず!!!(爆)



普段は小首をかしげながらのぼくとつな演技(棒読みチック?)だし、驚くと目を見開き「なに!?」と大きめの声を出し、なごむ場面ではしょうもないギャグをかますねんじ。


ほんと、小林稔侍の演技って、すばらしくどれも同じなんだよなあ(苦笑)


でも、憎めないわ~。



スナックで、あけみママ(勝手に名づけてます)に好かれてそうなイメージだし。


木の実ナナみたいな、片思いの女の人がいそうなイメージだし。


ああみえて、女の扱いは、台詞とちがって?上手そうだし(笑)



こんなに小林稔侍をつきつめて観てるのは私くらいか?


でも、全然好みじゃないよ~(笑)



スポンサーサイト
[ 2013/04/09 15:56 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikarin2.blog120.fc2.com/tb.php/2319-2da425ab








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。