スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1人暮らしの思い出 

そうそう、昔一人暮らししてた時期があったんだよね。


今思えばなんてわがままなんでしょう。


父に頼んで、ねずみーらんどの最寄りの駅(浦安ではないよ)の前のマンションに住んでたことがありました。



ワンルームで狭い部屋だったけど、駅前で超便利。


旦那と遠距離恋愛になったときには、完全にビジネスホテル化してました(笑)


なんせ駅前。


1分くらいだもんね。

下手なビジネスホテルよりも便利なわけです。



でも、怖い目にもあったなあ。


夜遅く帰宅したある日、電車の中で目が合った男の人がいたけど、まあ気にも留めずに居眠りしていました。


で、駅に着いたので降りようとしたら、その人が私の方をちらっと見て、同じ駅で降りて行きました。


階段を降りると、改札口なんだけど・・・その人を見失ったし、まだ気にしてもいなかった私。



でも・・・なんと改札出たら待ち伏せしてた!!!(爆)


にやにやして、じっと見ながら立ってるし!!!


ひえ~と思い、まっすぐマンションに帰るのはこわすぎる。


慌てて、今はなかなか見かけない電話ボックスに駆け込み、父に電話しました。


最終的には、その人がいなくなるまでそこにいて、ダッシュでマンションにかけこみ、周りを確認しながらオートロックのドアを開けて入ったんだけど、今も思い出すと怖くなります(汗)


今なら、交番に行くほうがよかったかも。


でも、こわくてこわくて、電話ボックスに入っちゃったんだろうなあ。



今は、夜中でも平気で歩いてるし、強盗の心配はあっても女性としての身の危険はないから(爆)、そういうことはないだろうけどさ~。ふん。


若い女の子はやっぱり気を付けないといけませんね。


私も気を付けよっと♪


だってまっ暗だと、おばちゃんかどうかわかんないかもしれないもんね(笑)


あ、シルエットでわかるか・・・。





スポンサーサイト
[ 2013/02/26 20:26 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikarin2.blog120.fc2.com/tb.php/2190-211a7822








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。