FC2ブログ





びびりました!! 

隠遁生活も3日目に入り、すっぴんメガネ姿がなじんできたちかおです(苦笑)

あまりに干からびてるので、ナイトクリームを朝から塗ってしまった・・・これで、うたた寝すればいいだろうみたいな(爆)


それにしても毎日寒いですね~雪

寒いを通り越して、凍る感じ??



三男や我が家を心配してくださったコメント、ありがとうございました。

おかげさまで、昨日から三男の熱も下がり、すっかり元気です。


でも、まだ菌を保有しているとのこと、今日までなるべく上の部屋に隔離しておくつもりです。



もし家族にうつるとしたら、火曜(昨日)くらいまでに発症するはずとお医者さまから言い渡されていたので、昨日は神経とがらせてました。


幸い、長男も次男も夕方までは何も変わりなし。

旦那も大丈夫でしょうと予測。(なんの理由もないけど)


で、二男は公文へ行き、帰宅。

旦那以外は夕飯も食べて、くつろぎタイム。


はい、何もなしね~。

よかった、よかった。



と安心したのも束の間・・・。

旦那からメールが来ました。






「頭が痛いので、帰りますしょぼん




な、な、なんですとっ!?叫び


もしや、あんたパパ、うつったのか!?



めっちゃ、びびりました・・・。

終わったガクリと思いました・・・。



すると今度は、くつろいでいたはずの二男が、しんみょうな面持ちでこう言うではないですか!?




「ママ、気持ち悪い・・・しょぼん




な、な、なんですとっ!?



もしや、おまえ●●ちゃんまで!?



高倉健・北大路欣也主演、「八甲田山」の名台詞、


「天は我々を見放したかああああ~!!!」


を、思い出しました。(大げさだけどほんと)



そのあとは、二男の熱を測り、あれやこれやと旦那に頼もうとしていた家事をこなし?、バタバタでしたよ。


のんきにしている長男には、


「おまえがうつったらシャレにならんだろうがっ!!!」


と、罵声をあびせかけ、二階の自分の部屋へ避難?させました。



生き残り?は、線の細いか弱い私と、気まま長男と、煮干しが好物のわんこだけか!?


でも、旦那と二男がインフルだったら、私らも危ない・・・つーか、もううつってるかも??



で・・・。


二男は熱がなかったので、温かくして、ビタミン剤を飲ませてすぐに寝かせました。


帰宅した旦那は、想像していたより元気?だったので、うどんやらなんやらを食べさせ、温めたら、


「頭痛くなくなった~♪」


とニコリ(爆)


おまえは子供かっ!!ガーン


と叫びそうになるのをこらえ、マイ湯たんぽ(ミッフィー柄)を旦那のベッドにしのばせて、こちらも早く寝かせ?ました。


「湯たんぽ、あったか~い♪」


と、またまたニコリとしてましたが、


「ああそう・・・おやすみ青首大根


と、ドアをパタムッとしめました・・・。


温かいだろうよ・・・と心の中でつぶやきました。


思うに、たぶん二人とも冷えちゃったんだと思います。

冷えると頭もお腹も痛くなるしね。



結局、変に興奮気味になった私は、そのあとエモリカ入りお風呂に入り、こたつでごろ寝。

深夜番組を観てしまい、気が付けば2時(爆)


それでも、夜中に二男や旦那がうなされて起きるんじゃないかと気が気じゃなくて、すぐに測れるようにと体温計とメガネを枕元に置いてから寝ましたよ。


こう書くと、私こそ危なくないかい?

皆さんそう思いませんか?


実は、寝る前に洗濯もしてたし(苦笑)


普段運動しまくりだから、なんだかんだと力が余り気味なのかもなあ。

ああ、ジムに行きたい(涙)







スポンサーサイト



[ 2012/02/01 11:37 ] 家族 | TB(0) | CM(2)

1. あぶねあぶね^^;

そか~ よかった とりあえず^^;
もうダブルできたら シャレにならん。
ちかおちゃんは たぶん日頃から 楽しみながら体鍛えてるから 体力は有ると思う^^無理さえしなければね^^だから うたた寝とかしないでねw
家族が心配ですぐ飛び起きられるようにって 主婦は やっぱり 自分より家族優先に考えてしまうよね。でもちかおちゃんが寝込んだら 一番大変やから お家でもマッスルマッスルして鍛えててねww
長男くんも ほんと心配^^
パパかわいいね~ww
[ 2012/02/01 12:40 ] [ 編集 ]

2. Re:あぶねあぶね^^;

>てんてんさん

ほんと、どきどきしたよ。
まあ、大丈夫でよかった。

私は家にいるのがストレスなんだよね・・・運動したいわ。
[ 2012/02/01 17:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikarin2.blog120.fc2.com/tb.php/1637-96bfc1d8