スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミッフィーちゃんと共に 

ミッフィー1ブログ


この子の名は、ミッフィーちゃん。

有名人?です。(パンのイメージキャラになるほどだし)

私も大好きなキャラクターです。

でも、このミッフィーちゃんはもっと特別な存在・・・長男と出会ってから、ずっと長男のそばにいてくれた、大切な友達なんです。

彼女との出会いは10年前。

おもちゃやさんに、私の父と長男と私で行ったときのことでした。

ぬいぐるみコーナーで、おじいちゃんに抱っこされた長男が手を伸ばしたのが、この子だったのです。

ミッフィー=女の子のイメージがあったので、
「アンパンマンは?」
と差し出すと、言葉が遅い長男は首を振るばかり・・・。

「好きなんだからこれにしてやれ!」
父がきっぱり言ったので、しぶしぶミッフィーちゃんを買いました。

それからというもの・・・。

どこに行くにも一緒、寝るときも一緒、なんと旅行にも連れて行くようになったのです。

さすがに北海道に行くときは、ワンサイズ小さいミッフィーちゃん(青い服でした)を買ってごまかしたけど、本当はこのオレンジ色の服のミッフィーちゃんが一番大好き。

おかげで、こんなに汚れてしまいました。

ミッフィー2ブログ用


そしてもちろん今も大・大・大好き!!!

さすがに抱きついては寝なくなったけれど、横にそっと置いてます。

「なんで好きなの?」
と聞いてみたら、

「ふわふわしてるから・・・」
と、ぼそっと答えました。

「それに・・・ミッフィーちゃんに頼んだら成績が上がってたし・・・。おじいちゃんが買ってくれたしな。」

父も喜んでるだろうなあと、しみじみ嬉しくなる私です。

男の子だからって男の子らしいもの・・・今はそうじゃなくてもいいような気もしてます。

10年間も何かを大好きでいられる気持ちのほうが、大事だもんね♪

あれから10年、長男はミッフィーちゃんと共に大きくなったよ、お父さん!


ミッフィー
 →こりんごママちゃんのコメで思い出しました♪


今ではわが家のもう一人のお姫様です♪(もう一人って・・・汗)
ミッフィーちゃんに癒された方、応援ポチッとお願いします♪
皆さんの応援で、元気になれます!!


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ



スポンサーサイト
[ 2008/03/28 21:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(18)

あの頃があるから(長男の赤ちゃん時代) 

長男11才。

春から6年生、小学生最後の年になります。

はじめての子どもということもあり、他の二人とはちがうように育ててきたような?

最初から手抜き?じゃなくて、ある程度ゆったり構えて育児が出来る人って、なかなかいないと思う。

少なくとも、私はちがいました。

毎日神経質なくらいに成長をたしかめ、育児雑誌と長男の成長具合を比較し、一喜一憂していました。

公園デビュー全盛期の頃だったので、最初のデビューの日のことは忘れません。(大げさだけど)

ドキドキしながら、真新しいお砂場道具をベビーカーにぶら下げて、「子どもはお友達と遊ばせたいけど、できれば人に会いたくない!」みたいな、矛盾した気持ちで公園に行ったものです。

今はドキドキすることなんて、玉木宏の握手会に行ったときくらいだけど。

あの頃私は若かった?!!!


いろんなママ達と仲良くなれたら、それなりに楽しくて、毎日のように児童館や公園に出かけました。

ちなみに三男のときには・・・記憶にないかも!?(なんかのついでで寄るくらい・汗)

今とは同一人物とは思えない・・・本人ですら・・・。

でも、仲良しが増えるほど、またまた他のお友達と長男を比べるようになっていきました。



私が長男で一番悩んだこと、それは言葉が遅いということでした。

どんなに話しかけても、なかなか言葉がでなくて、お友達が二語文なんかを話すようになっても、「ママ」くらいしかしゃべれなくて。

ほんとに悩んで悩んで、疲れていました。

(なんでこんなにしゃべらないんだろう)

(私の声かけが少ないのかな?)

そんなことばっかり考えていました。

ある日、長男が何か気に入らなくて、わあわあ泣き出しました。

もちろん何を聞いても答えるわけもなくて・・・。

そして、私も泣き出してしまいました。

毛布を被って、長男を見ないようにして、

「言いたいことがあるなら、言いなさいよ!!言わないとわかんないよ!!」
と、叫んで。

少しして、長男の泣き声がやみ、毛布を被っている私のほうへ近づいてくる気配がしました。

「わうわうあう・・・」

みたいな、全然言葉になっていないけれど、いままでより長い言葉をしゃべりながら、私の毛布を触るのです。
そっとのぞいてみると、一生懸命何か言おうとしていました。

その姿を見たとき、思わずぎゅっと抱き締めました。

「ごめんね」
と謝りました・・・。

それしかできなかったけれど、胸が痛くて・・・今でも思い出すとつらくなります。

そして、他の子よりは遅かったけれど、そのうちお話するようになり、しゃべりだしたら楽しいらしくて、その頃のお気に入りのフレーズがこれ!

「お?い、お茶!」(伊藤園色にしてみました・笑)

伊藤園の自販機の前を通るたび、大声で叫んでいたっけ・・・。



今では懐かしい思い出です。

ちなみに今でも長男は無口です。

でも、要求するときや都合のいい話をするときはよくしゃべります。

でも、母には勝てず、昨日も言い負かしてやりました!!(大人気ない母・爆)


あの頃があるから今がある、無口な息子と鬼母に歴史あり?なんです。


1才すぎに履いていた靴とこれから履く靴♪
こんなに成長したんだね?!


くつ ブログ用



皆さんの応援が励みになります♪
ベビー靴のひもがぐちゃぐちゃなのが気になった方も、どうぞ応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ



[ 2008/03/26 11:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(18)

雨もやさしい 

今日は午後からお天気が崩れるそうです。

空はどんより曇り空・・・家族のテンションも下がり気味?

雨といえば、思い出すのが次男の話。

ある雨の日の出来事をお話しますね。


その日は予報よりも早く雨が降り出しました。

次男を塾に送りに行く途中で降り出したので、自転車の後ろに乗っている次男に声をかけました。

「雨、降ってきちゃったね?」

「うん、そうだね」

次男は基本的に穏やかな性格だけど、その分繊細で難しいところもあります。

以前、この塾に本当は長男も入れたいと思い、次男に聞いてみたことがありました。

「お兄ちゃんも通ったらいや?」

「うん、いや。一人がいい・・・」
即答でした。

予想していた答えだったので、それ以上は言わなかったけれど・・・。

「わかったよ、ママと二人で通おうね」

「うん♪」
嬉しそうな声。

次男は私を独り占めできる時間が大好き、そして大切なんだと実感しました。

だから、お兄ちゃんといえども邪魔されたくないのです。

でも、理由は口には出しません。

言葉の裏に隠れた気持ちがあるのです。



塾に着く頃には、雨もかなり降ってきました。

「急がなきゃ!」
慌てて自転車を飛び降りる次男。

「気をつけてね、急がなくても大丈夫だよ」
軽く注意をした私。

次男は、自分が雨に濡れたくないから急いでるのだと思っていたから。

次の瞬間、次男は私の方を振り向かずにこう答えました。

「急がなきゃ!ママが濡れちゃうよ?!」


自分が濡れることより、私が濡れることを心配してくれたんだね・・・。

胸の奥に次男の言葉が響きました。

「ありがとね」
そう答えるのが精一杯でした・・・。


この日は少し弱り気味の私だったから、こんなに優しくされると涙が出てくるよ。

冷たい雨もやさしくて、あたたかく感じられた瞬間でした。



傘 ブログ用



いつも応援ありがとうございます♪
三人息子の傘よりも、バックのボールの数のほうが気になる方は、ポチッとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ



[ 2008/03/23 13:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(22)

家が恋しい気持ち 

長男が塾から帰って、こう一言つぶやきました。


「おれ、家が恋しくなるんだよなあ・・・」


高倉健や小林捻侍ばり(マニアックだけど)のリアクションしかしない、普段は無口な長男。

私の話を聞いてんのか聞いてないのかわかんないような長男。

なのに、今日はしみじみ語ってる・・・。


「どうして恋しいの?」

少し考えて、長男はこう答えました。

「最初はトイレに行きたいのかと思ったんだけどさ・・・」

トイレに行きたいもぞもぞ感と恋しい気持ちが同じなのか!?


面くらいましたが、ここで驚くのは失礼だと思い、平静を装い話を聞くことに・・・。

「なんだか、こう、むずむずして、家が恋しくなるんだよ・・・なんでだろうなあ?」

遠い目してるし!


「・・・そうなんだ。でも家が嫌いより恋しいほうがいいじゃん・笑」

そう答えた母でした。(その可能性が高い気がしたし・汗)


ちなみに塾は自転車で5分のところにあります。
時間も1時間30分。

次男・三男に比べて表情に乏しくて、
(一人目だからって怒りすぎたせいかなあ?神経質になりすぎたからかなあ?)
なんて、気にしていたこともありました。

実は小5になった今でも、そう思うことがあるかも・・・。

でも、「家が恋しい」とつぶやく長男に、さすがの鬼母ちかたでも、
「勉強中に何他のこと考えてんのよ?!!」
なんてことは言えませんでした。

今はお彼岸。

私も実家が恋しいなあ?。

長男も、
「おじいちゃん(私の父)のお墓参りしたいなあ?」
と、たまにつぶやきます。

父のことをはっきり覚えているのは長男だけだから、忘れずにいてくれていて嬉しいです。

お葬式のとき、涙が止まらない私に、長男はポケットの中からティッシュを取り出し、無言で手渡してくれました。

困ったような表情で、涙を拭くようにティッシュを渡そうとする姿を見て、なお涙が止まらなかったっけ。

あれから6年経つけれど、派手じゃない優しさが見え隠れするのは変わりません。




長男よ、いつまでも家が恋しいと思う男でいてね!!

(次男も三男もね?♪)


長男のベビー服です(今はプーマやナイキばかり)
二ット

ベビー服



驚いているのは私だけじゃないはず!!
皆さんのおかげでランキングが上がってきています。
どうぞ応援よろしくお願いします♪


にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ




[ 2008/03/22 01:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

やさしいことをひとつしたら?次男の花? 

今日は卒業式。

長男は小5なので、式に出席するため学校へ。

三男は幼稚園。

ということは、午前中は次男と私の二人っきり。

「買物行こうか?」

なにげなく言うと、次男の顔がぱあっと明るくなった。

私は全然まじめな母親ではないけれど、ひとつ心がけていることがある。

それは、「三人だけどひとりひとりなんだよ」ということ。

家族みんなでの行動も大好きだけど、子供達ひとりひとりとの時間も作りたい。

そうすることで、新しい発見や子供の心が見えたりするから。

それに、ひとりっこ気分は単純に楽しいみたい♪

次男の希望通りバスに乗ると、わずか5分しか乗らないのに、ずっとにこにこ。

降りてからも飛び跳ねている♪

たくさん買物をして、本屋さんに寄り次男の本を買った。

いつもは遠慮がちな性格だけど、小さな声で「これがいいかなあ?」なんて言うのだ。

頷くと、満面の笑み。

思えば長男や三男に比べて、私を一人占めしている時間は少ないっけ・・・。

そんなことを考えながらの帰り道、両手に荷物を持つ私に、次男が言った。

「ママ、僕も持ってあげる!!」

こんな瞬間に、次男の花が咲くんだろうね・・・。


私のブログのタイトル、「やさしいことをひとつしたら」は、誰かがやさしいことをひとつすると、どこかで花が咲くという「花さき山」のお話からつけました。

子供達の小さな優しさが、私の心に花を咲かせてくれます♪


ブログ用2





読んでくださってありがとうございます♪
応援していただけたら嬉しいです!!
にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ








[ 2008/03/18 21:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(26)

男のロマン!? 

うちの三人息子が、いつもの通り?闘いごっこをしていた。

しょうもないアクションの連続、それは無視できるけど、二段ベッドから飛び降りるのは、母として許さない!

何度注意してもうるさいので、

「苦情がきたら3人でお詫びしなさいよっ!!」

と怒鳴り散らしたら、今度は寝技系に・・・相変わらず学習しないのね?・汗

すると・・・。

長男がいきなりこう叫んだ。


男のロマンがぁ?!男のロマンがつぶれるぅ?!」


「男のロマン」って??


で、「男のロマン」がつぶれるとは??


長男の上には三男が乗っかっている・・・上に乗られるとつぶれてしまう「男のロマン」・・・。


ここでもう母にはわかりました・・・。


だてに三人息子のオムツをかえてきたわけじゃない。


でも、一応長男に聞いてみた。


チ○○ンのことだよ?♪」


ああ、そうだろうね・・・。


そんなことだと思ってたよ・・・。


とりあえず理由も聞いてみた。


男の大事なところだからだよ!(きっぱり)」


なんでも、クラスの男子が皆言っているらしい。


「男のマロンとも言うけどな?、ブタゴリラ的には♪」


「キテレツ大百科」(CATVで再放送中)のブタゴリラは、「ロマン」を「マロン」というらしいです・・・。


ある意味、子孫繁栄という原始時代からの壮大なロマンの源だからね?、ハズレでもないのか!?


無理矢理話を美化させて、まとめに入る母なのでした?・汗




「男のロマン」を感じるといえば、西部警察の「大門軍団」でしょう♪
うちの「大門軍団」のボスがこちら↓
といっても軍団が三人しかおりません・・・さみし?!


Image008.jpg




この軍団を応援したいと思われた方は、こちらをポチッとお願いします♪



にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ


[ 2008/03/15 12:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

うちの三人息子とは 

うちの三人息子を紹介しましょう♪

長男・・・ハニカミ王子ばりにはにかむけど、あまりに無表情なため、

わが家では「はにわ王子」と呼ばれている。

ちなみに千葉には「房総風土記の丘」というのがあって、はにわがたくさんいたような?

頑固で、無口で、料理好き。
ときどき名言(迷言)をおっしゃる才能?もある男。

最近では、「高いところをこわがって泣く女より笑う女がいい」とのこと。
(ちょっと上から目線・・・だけど全然モテないの)

男らしい女の人にリードしてもらいたい・・・そんな11才。

ちなみに動きは、刑事役の小林捻侍のよう。(マニアックな表現ですみません)


次男・・・兄と顔も性格も全然ちがう、心優しき大食漢。

愛想が良くて、愛嬌もあり、癒し系・・・なんだけど、実は超がつくほどの頑固者。

家族の中でも、しょっちゅう浮いてしまうくらい、マイペースで頑固なので、父と母は彼の扱いに手を焼くこと多し。

絵と工作が大好きで、オリジナルキャラ(だと思うんだけど)の「アフロぶた」という主人公の漫画を、「4コママンガ用ノート」に描いている。

1ヶ月検診では、その病院で生まれた赤ちゃんの中で「頭囲ナンバー1」に輝いた、そんな8才。


三男・・・生まれる瞬間まで女子と勘違いされていた、末息子。

母のそのときの衝撃はまたのちほどということで・・・。

胸板のぶ厚い次男と二歳違いとは思えないほど小柄で、髪の毛もまださみしいベビーフェイス。

でも、生まれてこのかた自分のことを「オレ」としか言わない、実は硬派な男。

兄二人の数々の悲惨な姿(怒られ姿)を見て育ったせいか、おそろしく要領が良く、父と母の間をうまくたちまわる。

「1年生になったら120センチになるんだ!」と夢見る、そんな6才。(ちなみに今現在108,5センチ)


このような息子達です♪

顔は、長男と三男が似ていて、次男だけ違うかな?

四男が生まれたら、もしかして次男と似ているのだろうか?

そんなことを思う日もあるけど、想像だけで十分よ?♪







三人三様、笑えるなあ?と思われた方はこちらを
ポチッとお願いします♪







[ 2008/03/12 19:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

はじめまして♪始めました!! 

はじめまして、ちかたです♪

今日からブログを始めました!
嬉しいような、でも緊張もしていて・・・。

ブログのタイトル「やさしいことをひとつしたら」は、私の大好きな絵本「花さき山」のお話に感動してつけさせていただきました。

そして、「三人息子もいいもんだ」とは・・・はい、そのまんまです!

うちは三人とも男の子ですが、世間からはわりと?同情されたり、「大変でしょ?」と言われたり。
たしかにそうだけど、でもでもそればっかりじゃないんです。

「花さき山」のお話にあるように、やさしいことをひとつしたら、どこかで花が咲いているかもしれない・・・そう思うだけで、気持ちが穏やかになれます。

うちの三人息子も、ときどき私の心に花を咲かせてくれます。
それは日常の中であったり、なにげない会話の中にあったり・・・。
そんなことを綴れたらいいなあと思います。

とはいえ、そこは三人息子のいる家族!!
ドタバタ日記になる予感あり!です。

どうぞ皆さん、よろしくお願いします♪




FC2ブログランキングに参加しました。
ポチッとよろしくお願いします♪



[ 2008/03/12 11:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。